押したいところをズバリ押せて、指圧力も思いのまま!

ありそうでなかった、 画期的な指圧器具。



只今、会員「新規登録」で、100ポイント贈呈中!


 考案してから約20年もの歳月をかけ使いこんできたものを、試作とテストを繰り返し、商品化いたしました。テストの段階では多くの方々に試用していただき、好評を頂いています。
 国内の木工所で、職人が丁寧に作り上げた、木の温もりを感じられる商品です。
 温泉施設や宿泊施設、お土産店などの販売店様に向け「痛快棒」の卸し販売も行っています。
 「痛快棒」卸し販売ご希望の方はこちらをクリックしてください。
 また、ご質問がありましたら「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。




痛快棒 6本セット 「指圧器具」 [商品番号:0002]

痛快棒 6本セット 「指圧器具」 [商品番号:0002]

販売価格: 24,360円(税別)

(税込価格: 26,796円)

通常販売価格(税抜): 34,800円

在庫数 10点
数量:

6本セットでお得!

  送料無料!



■卸し会員のお客様は、ログイン後、「カートに入れる」で進んでいただきますと、さらに割引された価格が表示されます。



6本セット


●日本国内製
●仕 様 (1本あたり)
材質 : 木製 ブナ、塗装なし、ネジ部:ステンレス/亜鉛合金
サイズ : 約 長さ:52cm  幅:12cm  高さ:7~8.7cm(調整可能)
重さ : 約 260g        (サイズや重量は手作り品のため、製品誤差があります)

痛快棒の使用方法を YouTube の動画で見れます。

追加説明

  • 取り扱い説明



    指圧力の調整方法


    ●指圧力の調整は、4つの方法で行えます。



    (1)指圧子を回して高さ調整ができます。



    ●初めて使用するときは、一番低くして使用し、使う場所に応じて高さ調整を行ってください。
    ●指圧子を回す場合、軽い力で行ってください。



    (2)レバーの角度調整で指圧力の調整ができます。




    強くしたい場合は、レバーを押し下げます。
     弱くしたい場合は、レバーを持ち上げます。
     この操作によって、瞬時に指圧力の調整が可能です。
    ●レバーの操作は、軽い力で行うことができますので、女性の方でも強い力は必要はありません。 指圧力を調整したら、手をのせておく程度で指圧力を保持できます。



    (3)体重のかけ方で指圧力の調整ができます。



    ●特に上半身に使う場合は、差し込む側の膝を曲げることによって、体を横に起こしやすくなり、体重のかけ具合を調整しやすくなります。
    ●慣れてきた膝を伸ばしてリラックスしてください。



    (4)使用する寝具やマットの硬さや、厚みで指圧力が変わってきます。


    ●薄く硬いマット(寝具)では強くなり、厚く柔らかいマット(寝具)では痛快棒が沈み込み、弱くなります。
    直接畳や床上での使用はお勧めしません。

  • 使用方法   就寝前後、寝具での使用がお勧め!


    ●寝具やマットの上であお向けになり、痛快棒を差し込んで使用します。
    ●初めて使用するときは、指圧子を一番低くして使用し、使う場所に応じて調整してください。
    ●グリップ側も使えます。


    ●ひざを曲げると体を横に起こしやすくなります。
    ●痛快棒を差し込み、徐々に体重を預けていきます。指圧力が強い場合はレバーを起こして調整してください。
    一か所数十秒から、数分間のせます。凝りがひどい方は初め力が入り、こわばった感じになりますが、しばらく保持すると、だんだん力が抜けてきて筋肉の凝りがホグレてくるのを感じることができます。
    ●慣れてきたら膝を伸ばしてリラックスしてください。



    背中や肩甲骨周りへの使用



    指圧子を一番低くしても強い場合は、レバーを起こして(持ち上げて)調整してください。

    腰への使用



    腰への使用は人によって強弱が様々です。指圧子を回して高さ調整を行ってください。
    レバーを上下し、もむ動作も可能です。



    臀部や股関節
    もも側面への使用



    膝を真直ぐ伸ばした状態で使ってみたり、曲げて横に倒したりしてみてください。
    太もも側面の場合は膝を曲げ、横に倒します。弱い場合は、さらに体を横倒しにし、体重を掛けるようにしてください。



    ももやひざの裏側
    ふくらはぎ、足首への使用




    位置を変えながら使用し、気持ちのよいツボを見つけてください。



    ●ツボの説明がされたホームページも多くあります。参考にしてツボを押してください。



    その他、使い方は貴方次第。

    使い方を工夫して色々試してみてください。きっと貴方の痛快な場所が見つかります。

  • 使用上の注意事項


    ●使用前に、ゆるみ、ひび、破損がないか確認しご使用ください。異常を見つけた場合は使用を中止し、新しいものをご購入下さい。
    ●高さ調整のネジは約17ミリ調整できます。20ミリ以上に広がってきた場合はネジがゆるんできていますので、締めなおすか使用を中止してください。
    ●指圧子を回す場合、軽い力で行ってください。強く回すとネジが緩んだり、損傷する場合があります。
    ●木製品ですので、強い力を加えないでください。また、投げたりしないでください。損傷の原因になります。
    ●指圧以外の用途に使用しないでください。
    ●衣服やマット(寝具)などを傷つける場合がありますので、傷んでもよいものをご使用ください。
    ●直接、板の間などの上での使用はお勧めできません。床に傷が付いたり、強すぎて体を痛める原因にもなります。
    ●初めは弱い指圧力で行ってください。
    ●体の中心を超えて使用しないでください。指圧力の調整ができなくなるとともに、体から外しにくくなり、ケガの原因になります。
    ●同じ場所への長時間の使用は避けてください。
    ●使用したまま寝込まないでください。
    ●ご使用後すぐの、激しい労働や運動等は避けてください。
    ●アレルギーや皮膚の弱い方、ケガのある方や体調が不良の方、妊娠中の方は使用しないでください。もしくは医師に相談しご使用ください。
    ●体に異常を感じた場合はすぐに使用を中止し、医師の診察を受けてください。
    ●お子様の手の届くところに置かないでください。
    ●湿気、水分のある場所では使用しないでください。汗などでぬれた場合は、よくふき取り乾燥させてください。
    ●湿気のない場所に保管してください。
    ●ケガや物品の損傷等については責任を負いかねます。十分注意してご使用ください。

    【その他】●外観や構造は予告なく変更する場合があります。

Facebookコメント

レビュー

  • 4
    某工事組合の事務所で販売しました。
    購入者 さん
    工事関係の組合で働いています。
    個人的に購入したものを、腰が痛い組合員さんに貸したところ、自分も欲しいということだったので、卸し価格で購入し組合員さんに販売したところ、6本すぐに売れ、追加注文までしました。工事関係の人たちなので腰や背中の痛い人は多く好評です。
    ふくらはぎなどに使うときはこのくらいの長さが必要ですが、伸び縮みしたほうが使い勝手や持ち運びにも良いかと思います。木製品なので難しいとは思いますが・・。